通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

AT&T

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:エイティーアンドティー
外語:AT&T 英語
品詞:会社名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

アメリカの大手電話会社。

元々は長距離・地域・国際電話通信の総元締として君臨していたが、1984(昭和59)年にAT&T(長距離・国際電話通信)とRBOCs(ベル系地域電話会社)に分離、1991(平成3)年にNCRを買収、1994(平成6)年にMcCaw Cellularを買収し再び巨大化を図ったが、1996(平成8)年に再びAT&T(長距離・国際・携帯電話通信)、Lucent Technologies(伝送機器製造)、NCR(コンピューター製造)の3つの独立した上場会社に分割された。

この会社のベル研究所電子計算機ネットワークに関する様々な技術開発を行ない、今日のネットワーク社会を産み出したが、3分割後、ベル研究所はLucent Technologiesの所属となった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club