通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フルーレ

辞書:文化用語の基礎知識 戦国時代編 (LHMIDAGE)
読み:フルーレ
外語:fleuret フランス語
発音:flœrɛ フランス語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

剣術の練習用の刀剣。フェンシングの一種目ともなっている。長さ100〜110cm、0.3〜0.5kg。

その出生はレイピアエペといった同時期の他の刺突剣と同様、15世紀中旬のフランスのエペ・ラピエレであった。エペ・ラビエレは騎士の剣術の練習に用いられていたが、真剣であるため怪我をしやすく危険であった。このため、18世紀中旬に剣先を丸め、切刃を落として練習用としたのがフルーレである。

フェンシングの種目として見た場合、フルーレは最も軽い剣を使うため、初心者に向いている。

"fleuret(フルーレ)" とはフランス語で、英語では "foil(フォイル)" と言う。

関連する用語
レイピア
エペ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club