通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フン族

辞書:文化用語の基礎知識 文化編 (LBUNKA)
読み:フンぞく
外語:Huns 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

中央アジアの遊牧騎馬民族。プトレマイオスによれば1世紀頃シベリアからドン川とヴォルガ川の間に定着したとされる。

4世紀半ばドン川東岸のアラン族を圧して、372年ドン川を渡り東ゴート王国を征服し、民族大移動の端を開き、さらにドナウ川まで進み定着した.ローマ帝国は彼らを懷柔し傭兵となるが、433年アッティラが王になると最盛期を迎え、ライン川からウラル川にわたる大王国を築いた。451年ライン川を越えて西ローマ軍とカタラウヌム平原で戦うが敗れ、パンノニアに退却し、翌年イタリアに転進しローマに迫ったが教皇レオ1世の説得によりパンノニアに帰り、453年に死んだ。彼の死後、大王国は内紛と流行病により崩壊し、アヴァール族・ブルガール族に吸收混融し去った。

フン族は匈奴と同族か子孫と考えらている。

関連する用語
東ゴート族
ゲルマン民族

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club