通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ミーントーン

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ミーントーン
外語:meantone 英語
品詞:名詞
2001/03/26 作成
2009/05/14 更新

16世紀、アーロンにより作られた音律。中全音律ともいう。

目次

長三度を基準に定められたもので、C〜E〜Gis、F〜A〜Cis、B〜D〜Fis、Es〜G〜Hのそれぞれを純正長三度としたもの。

五度音程のC〜G〜D〜A〜Eは八度+八度+長三度を等分した値となっているため、音程差は12平均律の約2.75倍ある。

これは純正五度より狭く、そのぶんピタゴラス音律にあったGis〜Es間の音程差は12平均律の15.8倍近くに広がっている。

C音からの倍率は、次の通り。

C×1 
Cis(C♯)×53/4×5/16A音の長三度上
D×52/4÷2 
Es(D♯)×51/4×4/5G音の長三度下
E×5/4C音の長三度上
F×53/4×4/10A音の長三度下
Fis(F♯)×52/4×5/8D音の長三度上
G×51/4 
Gis(G♯)×25/16E音の長三度上
A×53/4÷2 
B(A♯)×52/4×4/5D音の長三度下
H(B)×51/4×5/4G音の長三度上
用語の所属
音階
関連する用語
12平均律
ピタゴラス音律

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club