通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ラミス音律

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ラミスおんりつ
品詞:名詞
2001/03/26 作成
2009/05/14 更新

15世紀、ラミスにより作られた音律

それまで主体とされてきた五度、四度の音程に加え、主要な三度の音程も取り入れられている。

C音からの倍率は、次の通り。

C×1 
Cis(C♯)×135/128Fis音の五度上
D×10/9A音の五度下
Es(D♯)×32/27B音の五度下
E×5/4C音の長三度上
F×4/3C音の五度下
Fis(F♯)×45/32H音の五度上
G×3/2C音の五度上
As(G♯)×128/81Es音の五度下
A×5/3F音の長三度上
B(A♯)×16/9F音の五度下
H(B)×15/8E音の五度上
用語の所属
音階
関連する用語
12平均律

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club