通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

三貴子

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:さんきし
読み:みはしらのうずのみこ
品詞:名詞
2005/10/20 作成

三柱の貴き子。創造神である伊邪那岐命(イザナギノミコト)が黄泉の国から逃げ戻り、筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原で禊ぎ(みそぎ)をした際に生まれた三柱の神々のこと。

左目から生まれた天照大神(アマテラスオオミカミ)、右目から生まれた月読命(ツクヨミノミコト)、鼻から生まれた須佐之男命(スサノオノミコト)の三柱をいう。

用語の所属
日本神話
該当する神
天照大神
月読命
須佐之男命
関連する用語
筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club