通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

不受不施派

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教編 (LFOLKEB)
読み:ふじゅふせは
品詞:名詞
2005/04/06 作成
2013/03/16 更新

日蓮の教義のうちの不受不施義を守るとして、かつて存在した宗派。

目次

不受不施とは、妙法蓮華経(法華経)を信仰する者以外からの施しは受けず、また他宗の者には施しをしないということ。

安土桃山時代の1595(文禄4)年、豊臣秀吉は、京都に天台宗の寺院「方広寺」を建立、大仏開眼のため千僧供養会を実施した。これにあたり、各宗派より僧が出仕を求めた。ここで困ったのは、不受不施義を持っていた日蓮宗である。出仕を拒めば、宗門は取りつぶされる。

ここで日蓮宗は二分した。不受不施義を守り出仕を拒む不受不施派と、出仕を受け入れて宗門だけは守ろうとする受布施派である。

結果、不受不施派の日奥は出仕を拒否し、京都市の妙覚寺を去った。日奥は対馬に流罪となる。

不受不施派は、幕府の要求を呑まない宗派ということで、キリスト教などと同様の邪宗門とされ弾圧を受け、見つかり次第流罪に処せられた。

幕府は不受不施派に対し、受布施派になるか、天台宗(経典が同じため)に改宗するかを迫ったという。

その間、不受不施派は不受不施義を実行するために、様々な策を練った。

  • 不受不施派の僧侶は清派である「法中」(ほっちゅう)となる
  • 中間的な僧侶として濁派の「法立」(ほうりゅう)を置く
  • 行者は他宗派を装いながら、内信では不受不施を信奉する「内信者」となる

こうして、法中〜法立〜内信者という関係を作り、法立が在家者から財物を受け法中に取り次ぐという、異様な宗教組織となった。

しかしこの方式の問題は、法立が導師を勤めることができるのか否かという問題を生じ、これにより不受不施派は内部分裂した。

うち、不導師派は不受不施日蓮講門宗という新たな宗派となり、導師派は日蓮宗不受不施派として日蓮宗の一派となった。

用語の所属
仏教
大乗仏教
日蓮系教団

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club