通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

仏説観普賢菩薩行法経

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教編 (LFOLKEB)
読み:ぶっせつ・かんふげんぼさつぎょう・ほうきょう
品詞:固有名詞
2005/04/05 作成

大乗仏教の経典の一つ。法華三部経の第三部。法華三部経はここで終わるため、結経とも呼ばれる。一般には略して観普賢経と呼ばれる。

六根の業障を懺悔して消滅させる行や、その行の意味について解かれている。その懺悔とは "端座して実相を思え"、つまり静かに端座し諸法の実相について深く思念すべし、と説かれている。

この内容から、懺悔経(さんげきょう)とも呼ばれる。

用語の所属
仏教
大乗仏教
法華三部経
該当する用語
青経巻
実相

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club