通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

共通雑誌コード

辞書:文化用語の基礎知識 出版用語編 (LPUBL)
読み:きょうつう・ざっしコード
品詞:名詞
2013/01/17 作成

かつて使用されていた、「定期刊行物コード(雑誌)」の旧称。

目次

プリフィックスとして、EANでは当時リザーブ(予約)となっていた「11」を使用していた。

アメリカのUCC(現GS1 US)が13桁のEANを受け入れ、10番台がアメリカに割り振られたことから、共通雑誌コードは重複を避けるため「491」で始まる「定期刊行物コード(雑誌)」に改定された。

もともと、共通雑誌コードが1987(昭和62)年に制定された際は、プリフィックスとして「491」というJANの枠組みのコードが使われていた。

その後、価格3桁に対応するためコードの変更が必要となり、当時未使用だった11(EANでは011に相当)へと移行した。

更に後、10番台はアメリカが使うことになったため、再び「491」の新しいコード体系へと変更されることとなり、共通雑誌コードは廃止された。

関連する用語
定期刊行物コード(雑誌)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club