通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

十如是

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教編 (LFOLKEB)
読み:じゅうにょぜ
品詞:名詞
2005/12/14 作成
2014/01/05 更新

妙法蓮華経第一巻の「方便品第二」で説かれる法華経の精神の神髄で、実相とは何かを語ったもの。

如是相、如是性、如是体、如是力、如是作、如是因、如是縁、如是果、如是報に加え、如是本末究竟等が説かれる。

如是相から如是報までの意味は次のとおり。

  • 如是相(にょぜそう)は外から捉えられる姿
  • 如是性(にょぜしょう)は内面の姿
  • 如是体(にょぜたい)は相と性を合わせたもの
  • 如是力(にょぜりき)は相・性・体に内在する力
  • 如是作(にょぜさ)は力が実際の作用となること
  • 如是因(にょぜいん)は内在する原因
  • 如是縁(にょぜえん)は因を補う外来からの助縁
  • 如是果(にょぜか)は因と縁から生じる結果
  • 如是報(にょぜほう)は因果がいずれ生じること

そして最後の如是本末究竟等(にょぜほんまつくきょうとう)は、最初の相を本、最後の報を末とし、本から末までは一貫する原理であり一生命の姿であり、その帰結は同一であって、結論としては実相を見極める一つの智慧が存在するだけなのだ、ということを示すとされる。

もって、とはこの智慧を完全に身につけた存在なのだとする。

用語の所属
仏教
妙法蓮華経
方便品第二
関連する用語

智慧
実相

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club