通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

千鳥ヶ淵戦没者墓苑

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:ちどりがふち・せんぼつしゃぼえん
品詞:固有名詞
2009/01/04 作成

東京都千代田区にある、無縁戦没者(無縁仏)の墓。略して「千鳥ヶ淵」。

第二次世界大戦(大東亜戦争)において、海外で散華した軍人や一般人のうち、身元不明者の遺骨を安置するために作られた。

靖国神社皇居にほど近い場所に建設されている。遺骨は、苑の中の、皇居に向かう方向に作られた、小さな六角堂に収められている。

六角堂はとても狭い。時々満杯になり、遺骨が酷い場所に納められるなどして政治問題化する。

  • 所在地: 東京都千代田区三番町2
  • 敷地面積: 約5000坪(16529m²)
  • 仏: 戦没した軍人及び一般邦人
  • 創建: 1959(昭和34)年3月28日
  • 開門: 09:00
  • 閉門
    • 17:00 (4〜9月)
    • 16:00 (10〜3月)

年中無休だが、閉門が非常に早いため、参拝する場合は注意が必要である。

静寂

「厳かで静か」な場所であるが、靖国神社とは違って参拝者そのものが少ない。

しかし毎年春に皇族の御臨席を賜わりながら、戦没者の安らかな眠りと、国の平安が祈られている。

ただ時々、仏教系の宗教団体と思われる者たちが集まり、儀式を繰り広げる様が見られる。

昭和天皇御製の碑と、今上陛下御製の碑が建てられている。苑内の前屋をくぐると正面奥に六角堂が見えるが、その手前の左右にそれぞれ御製碑がある。

昭和天皇から下賜された御製は秩父宮妃殿下により謹書され、1960(昭和35)年3月28日に竣工された。

くにのため

いのちささげし

ひとびとの

ことをおもへば

むねせまりくる

今上陛下が「歌会始の儀」で詠まれた御製は、常陸宮妃殿下により謹書され、2005(平成17)年9月27日に竣工された。

いくさなきよを

あゆみきて

おもひいづ

かのかたきひを

いきしひとびと

遺骨回収

戦没者の遺骨は、全てが回収されたわけではない。今もまだ100万柱以上の遺骨が「放置」されたままとなっている。

有志によって今も回収作業が続けられているが、国家事業としては行なわれていないていたらくである。

参加者やその費用などもあり、回収はなかなか終わらない。

日本という国は、国のために死ねと言って送り出しながら、その兵士の遺骨回収は放棄しているとしか言えない状況にある。

こうして集められた英霊たちの遺骨は、ここ千鳥ヶ淵に収められることになる。

関連する用語
靖国神社

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club