通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

南無

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:なむ
外語:namas 梵語
品詞:名詞
2005/04/06 作成

帰依する、帰命する、礼拝する、敬礼する、の意。

梵語(サンスクリット語)のnamas(ナマス)の音写語である。これは仏教の経典が支那に渡った時に、支那語で近い音の漢字を当て嵌めた当て字である。よって字面を見ただけでは意味は理解できない。

妙法蓮華経に帰依するなら南無妙法蓮華経、阿弥陀仏(阿弥陀如来)に帰依するなら南無阿弥陀仏、という。

チベット語の挨拶として有名なナマステは、ナマス+テ(テは貴方にの意)という語源がある。

用語の所属
仏教
該当する唱名
南無妙法蓮華経
南無阿弥陀仏
南無釈迦牟尼仏
南無大師遍照金剛
該当する用語
妙法蓮華経
阿弥陀如来
関連する用語
帰命

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club