通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

原形

辞書:文化用語の基礎知識 言語編 (LLN)
読み:げんけい
外語:original form 英語
品詞:名詞
2011/09/11 作成

動詞の形の一つで、英語などに見られる。辞書にはこの形で掲載される。

目次

意味としては、「〜すること」となるが、通常の肯定文では語形変化したものが使われる。

英語以外のインド・ヨーロッパ語族にも原形に似た表現はあるが、英語よりも多岐に使われることが多く、またその形を不定形と呼ぶことが多い。

英語のis/am/areはbe動詞と呼ばれるが、これは原形がbeだからである。

beを原形で使うのは、次の場合に限られる。

  • 命令文
  • 助動詞の後
  • 不定詞
  • 仮定法現在時制
  • 命令のための修辞疑問文
  • <黒人語で>(いつも)〜だ

それ以外では語形変化する。

関連する用語
動詞
不定形

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club