通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

同語反復

辞書:文化用語の基礎知識 言語編 (LLN)
読み:どうごはんぷく
外語:tautology 英語
品詞:名詞
2008/02/19 作成
2008/03/10 更新

定義対象の中に定義を含むもの。修辞法(レトリック)の一種。トートロジー。

同語反復とは同語反復のことである。

簡単にいうと、同語が反復していること。少し詳しくいうと、同じ語が繰り返されているような状況のことである。

「私は私だ」「神は神だ」のように、定義対象を、それと等値で定義しようとするもの、そういった表現を同語反復という。

論理学のトートロジー(恒真式)は何の情報も持たないが、文学として用いた場合は何らかの情報を持ちうるため、もって文学でこの表現が使われることがある。

また、略語を表現する際、例えばMIDIインターフェイス(MIDIのIはインターフェイスのこと)のように、同じ意味を反復させてしまうことが多々あり、このようなものも同語反復である。こういったものは、文学的表現の如何を問わず、使う者の無知を疑われかねない。

電子計算機用語では、特にこういった表現が目立っているようである。

関連する用語
恒真式
再帰的頭字語

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club