通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

名詞

辞書:文化用語の基礎知識 言語編 (LLN)
読み:めいし
外語:noun 英語 , substantiv/o エスペラント
品詞:名詞
2002/02/10 作成
2009/10/18 更新

ものの名称で、主語や目的語となるもの。

数と格

日本語にはヨーロッパの言語に見られる、単数形・複数形の区別や格変化などが存在しない。

〜達、〜個の〜、のようにして複数を表わし、また格変化の代わりに活用や助詞(てにをは)によって表現をする。

品詞

日本語では、普通名詞・固有名詞・数詞・形式名詞・代名詞に別れる。

  • 普通名詞 ‐ 同類の事物に共通して用いられるもの。例えば「心」、「雨」。
  • 固有名詞 ‐ 人名や地名・書名など特定の名詞を指し示す場合に用いる。例えば「紫式部」、「京都」、「源氏物語」。
  • 数詞 ‐ 物事の数量や順序を表わす。数字+助数詞で表わされる。例えば「1こ」、「二枚」、「参冊」。
  • 形式名詞 ‐ もともとの意味を失って、形式的に用いられる名詞。例えば「ため」、「こと」、「もの」。
  • 代名詞 ‐ 事物を直接指して、その名の代わりに用いられるもの。人を指すものを「人称代名詞」、事物・場所・方向を指すものを「事物代名詞」という。なお、「彼女」という人称代名詞は古くは存在しなかった。これは外来語の影響で、女性を指し示す人称代名詞が日本語に存在せず、翻訳のために作り出した造語である。

数と格

エスペラントでは、名詞には単数形と複数形があり、それぞれに主格対格(目的格)がある。

これらは格変化によって表わされ、複数形は単数形に‐jが付き、対格は主格に‐nを付けて作られる。

例えば、山の格変化は次のようになる(エスペラントの/は見やすさのために入れた区切りで、実際には書かない)。

  • mont/o(単数主格: 山は/が)
  • mont/on(単数対格: 山を)
  • mont/oj(複数主格: 山々は/が)
  • mont/ojn(複数対格: 山々を)
関連する用語
体言
体言止め

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club