通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

四七抜き音階

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:よなぬき・おんかい
品詞:名詞
2009/05/17 作成

五音音階の一つで、日本固有の音階の一つ。

雅楽の呂旋法を西洋音楽の長音階に当てはめると、主音(ド)から第4音のファと、第7音のシが欠ける。

このように、第4音と第7音を使わない音階を「四七抜き音階」あるいは「ヨナ抜き音階」という。

長音階・短音階

四七抜き音階にも長音階短音階がある。

  • 四七抜き長音階 ‐ C、D、E、G、A、C (FとBを欠く)
  • 四七抜き短音階 ‐ A、B、C、E、F、A (DとGを欠く)

主なもの

古い民謡や、明治以前の曲の多くは、四七抜き音階または二六抜き音階である。

明治に作られた曲も、同様にファとシを欠く曲が多い。それが和風の曲ということなのだが、さりげなくファやシが混ざる曲も少なからずある。

例えば国歌である「君が代」は四七抜き音階の曲であるが、ファは欠くものの、シが一つだけ存在する。

最近の歌謡曲では少なくなったが、いわゆる「演歌」と呼ばれる曲は、今でも四七抜き音階が圧倒的に多い。

用語の所属
音階
関連する用語
二六抜き音階

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club