通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

墓誌

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教編 (LFOLKEB)
読み:ぼし
品詞:名詞
2005/04/06 作成
2006/04/11 更新

少し大きめのに立てられている石碑のことで、死者の事跡が記される。

石版に書く場合は概ね過去帳と同様で、上に大きく戒名(法名)、その下に小さく命日俗名行年が刻まれる。

人間の場合でかつ戒名(法名)が無いときは上に大きく俗名を書くが、人間で無いときは上は空欄にして下の俗名部分に愛犬ジョン號などと刻むのが一般的?であるらしい。どうでも良いことだが、民間の共同墓地等では犬も入れられるだろうが、寺の墓地ではまず僧侶が許さないだろう。

関連する用語

戒名
命日
俗名
行年

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club