通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

天狗

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:てんぐ
外語:long-nosed goblin 英語
品詞:名
2005/04/05 更新

日本の妖怪あるいは神。赤く長い鼻に、羽うちわを持った山伏の姿をしている。

日本固有の山神の一で、山の修行者の守護神。修験道によって芸能に取り入れられた。天狗は神通力を持ち、かつ飛翔自在とされる。

日本仏教的には、六道から外れた天狗道に堕ちた者として扱われる。仏法を学び知識豊富であるが精神的な修行を怠った者は、六道のうち人間道に残れず天道にも上がれないが、かといって他の道には堕ちない。その結果として輪廻から見放された天狗道に堕ちるのだとされる。

用語の所属
仏教
修験道
関連する用語
人間道
仏法

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club