通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

威力業務妨害罪

辞書:文化用語の基礎知識 法律用語編 (LLAW)
読み:いりょく・ぎょうむぼうがい・ざい
品詞:名詞
2001/08/27 作成
2016/04/20 更新

威力を用いて人の業務を妨害することによって成立する罪。業務妨害罪の一つで、刑法第234条。

目次

(威力業務妨害)

第二百三十四条 威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。

前条とは、偽計業務妨害罪などを指しており、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されることになっている。

スパム送信によってサーバーに無用な負荷を与え、他の業務を妨害した場合にも適用される。

捕鯨船による漁を、薬物投擲等で妨害するテロリスト、シー・シェパードなども威力業務妨害であるが、これは公海上であるため逮捕はできない。彼らが日本に入国するようなことがあれば、その時は空港等で身柄を拘束、逮捕となるだろう。

最近では、掲示板等での「殺人予告」等をした時、この罪状で逮捕、または非行事実で補導されることが多いようである。

用語の所属
刑法
業務妨害罪
関連する用語
スパム
偽計業務妨害罪

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club