通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

辞書:文化用語の基礎知識 生活と文化編 (LLIFE)
読み:こ
品詞:名詞
2008/11/08 作成

より産まれた者。本人に対し一親等であり、直系卑属である。「子供」とも。

種類

親に対して、子は次のように呼ばれる。

  • 息子 (男性の場合)
  • (女性の場合)

娘という漢字はあるが、息子という意味の漢字はないため対称性が悪い。

なお、支那語では、娘とは若い女性を意味し、日本語でいう娘の意味はない。

続柄

子の親は、子に対して親であり、子の親に対しては本人である。

子の親の親(祖父母)は、子に対して「祖父母」である。男は祖父(お爺さん)、女は祖母(お婆さん)である。

親の一方を同じくする子は全て「きょうだい」と呼ばれる。年齢・性別に応じ、「兄弟姉妹」と呼ばれる。

  • ある子より年上
    • (男性の場合)
    • (女性の場合)
  • ある子より年下
    • (男性の場合)
    • (女性の場合)

子の子は、子に対して子であり、子の親に対してはである。

子のきょうだいの子は、子に対し、男が、女がである。

が同じでが違う子は、「腹違い」と呼ばれる。

用語の所属
親族
関連する用語
親等

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club