通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

直系

辞書:文化用語の基礎知識 生活と文化編 (LLIFE)
読み:ちょっけい
品詞:名詞
2008/11/08 作成
2008/11/09 更新

間に各世代の兄弟や、その兄弟の配偶者を介さない間柄であるもの。

目次

直系は、6代前→5代前→高祖父母→曾祖父母→祖父母→本人→→曾孫→玄孫→来孫→昆孫、という一連の血族をいう。

皇統などで有名な「男系」(父系)より範囲が広い。の子は男系(父系)ではないが、本人から見れば直系である。

日本の民法で親族とされるのは、本人からみて六親等内である。ここから外れる直系は、民法上は親族ではない。

また、配偶者についても、三親等までは直系とする。

両者を区別する場合は、「直系血族」「直系姻族」として呼び分ける。

なお、各末裔の配偶者も、本人からみれば義理の各代となる。但し日本の民法で親族とされるのは3代後、つまり曾孫の配偶者までで、玄孫以降はその配偶者を親族としない。

用語の所属
親族
関連する用語
傍系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club