通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

孝霊天皇

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:こうれいてんのう
品詞:名
2005/10/20 作成
2014/06/01 更新

第七代天皇陛下。

天皇

  • 生没: 紀元前342年〜紀元前215年、宝算127
  • 在位: 紀元前290年〜紀元前215年

情報

  • 御名 ‐ 大日本根子彦太瓊尊(オオヤマトネコヒコフトニノミコト)
  • 続柄 ‐ 孝安天皇 第一子
  • 母神 ‐ 押媛命(オシヒメノミコト)

御略歴

  • 紀元前342年 ‐ 誕生
  • 紀元前317年〜290年 ‐ 皇太子
  • 紀元前290年〜215年 ‐ 孝霊天皇
  • 紀元前215年 ‐ 崩御

皇后

皇后は細媛命(クワシヒメノミコト)で、他に3柱の妃がいる。以下、名は日本書紀を主、古事記を従とする。

  • 細媛命 (クワシヒメノミコト、ホソヒメのミコト、古事記では細比売命)
  • 春日千千速真若比売 (カスガノチチハヤマワカヒメ、古事記)
  • 倭国香媛 (ヤマトノクニカヒメ、意富夜麻登玖邇阿礼比売、古事記では蝿伊呂泥)
  • 絙某弟 (ハエイロト、古事記では蝿伊呂杼)

春日千千速真若比売は古事記にのみ書かれ、日本書紀には登場しない。代わりに紀では、皇后細媛命の異説として春日千乳早山香媛(カスガノチチハヤヤマカヒメ)が書かれている。

皇子

皇子は八柱が知られるが、異説等で更に多くの子が書かれる。うち皇后からの皇子は一柱である。うち(記)は古事記のみに登場する。

  • 皇后:細媛命
    • 大日本根子彦国牽尊(オオヤマトネコヒコクニクルノミコト、孝元天皇)
  • 妃:春日千千速真若比売 (記)
    • 千千速比売命 (記)
  • 妃:倭国香媛
    • 倭迹迹日百襲姫 (ヤマトトトヒモモソヒメ、夫:大物主神)
    • 日子刺肩別命 (記) (ヒコサシカワタケノミコト)
    • 彦五十狭芹彦命 (ヒコイサセリヒコノミコト、後の吉備津彦命)
    • 倭迹迹稚屋姫命 (ヤマトトトワカヤヒメノミコト)
  • 妃:絙某弟
    • 彦狹島命
    • 稚武彦命(別名、若建吉備津日子命)

絙某弟との子、稚武彦命は桃太郎伝説の桃太郎とされ、後の日本武尊へと繋がる他、古代豪族吉備氏の始祖とされる。

孝霊天皇(父)孝安天皇(祖父)孝昭天皇(曾祖父)綏靖天皇
(曾祖母)天豊津媛命
(祖母)世襲足媛命(曾祖父)
(曾祖母)
(母)押媛命(祖父)天足彦国押人命(曾祖父)孝昭天皇
(曾祖母)世襲足媛命
(祖母)(曾祖父)
(曾祖母)

母神、押媛命については、日本書紀の本文、第一の一書、第二の一書、古事記でそれぞれ異なることが書かれており、その正体は不明である。押媛命の父を天足彦国押人命とするのは日本書紀の本文。

欠史八代の一代で、実在しなかったとする説もある。

陵は、奈良県北葛城郡王寺町本町3丁目の片丘馬坂陵(かたおかのうまさかのみささぎ)とされている。

奈良県磯城郡田原本町黒田に鎮座する孝霊神社(別名 廬戸神社)の主祭神。また、全国各地の神社で祭神となっている。

6 孝安天皇 ‐ 7 孝霊天皇 ‐ 8 孝元天皇

用語の所属
日本神話
神道
天皇
欠史八代
関連する用語
孝安天皇
孝元天皇

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club