通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

密入国

辞書:文化用語の基礎知識 法律用語編 (LLAW)
読み:みつにゅうこく
品詞:さ変名詞
2012/11/11 作成

非合法な手段により入国をすること。いわゆる不法入国の一つ。正規の法律用語ではないため、定義はあいまいである。

目次

偽造旅券などにより、不正な手段で入国するようなものをいう。

また、密航などにより、正規の手段を踏まずに入国するような例もある。大陸国であれば不正に国境を越えて入国したり、日本のように島国でも船などを使って上陸される危険がある。

例えば、北朝鮮から脱走するため、川を渡り支那に入国する(いわゆる脱北)も、人道的見地はともかく、通常は「北朝鮮からの密出国」と「支那への密入国」に該当し、各々の国での犯罪行為である。

日本にも、北朝鮮からの工作船が時折、見つかることなく日本に辿り着き密入国に成功したという事例が知られている。

用語の所蔵
不法入国
関連する用語
密航
不法滞在

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club