通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

密航

辞書:文化用語の基礎知識 法律用語編 (LLAW)
読み:みっこう
品詞:さ変名詞
2012/11/11 作成

正規の出入国手続きを経ることなく他国へ渡航をすること。

航空機や貨物船に紛れ込んだり、渡航先への正規の入国資格を持たないまま船などに乗ることをいう。

また、このような者は密航者と呼ばれる。

理由

かつては、貧民が、移民を求めて母国から出国する事例が多かった。

近年は、政治的事情から、亡命などを求めて母国から出国する事例が増えている。

手段

古くは、貨物船に紛れ込んだりといった手法が多かった。

しかし現在は、貨物船も、そもそも隠れる場所のないコンテナ船などが普及したことで不可能となり、ボートなどを使った事例が増えているようである。

たまに、飛行機の主脚格納庫に侵入して密航しようとする者がいるが、ここは与圧されていないため、到着前に凍死している。

関連する用語
密入国
不法入国

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club