通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

布袋和尚

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:ほていおしょう
品詞:名
2005/10/21 更新

七福神のうちの一柱。支那の聖人の一人である弥勒菩薩の化身といわれる。大漁を表現し、堪忍と和合を教えてくれる神。

実在の人物が伝説化されたものとされ、10世紀の支那後梁の頃の契比(かいし)という禅僧がモデルになったと言われる。存命中から弥靭菩薩の化身として尊ばれた契比が七福神として組み込まれた。

名の由来は、契比がいつも持ち歩いていた袋が布製であったところからとされる。その袋には物乞いで得た物や日用品が入っていたと言われる。このため、半裸に物乞いという身なりから江戸時代に七福神に相応しくないという議論すら出たほどである。

用語の所属
七福神

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club