通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

恵比寿

2005/10/26 更新

七福神のうちの一柱。清廉・漁業・商売繁盛・交易の神。"戎" や "夷" とも表記される。

狩衣に風折烏帽子をかむり、右肩に釣竿、左小脇に鯛を抱えて座っている姿で描かれる。またその顔は、エビス顔といわれるような笑顔をたたえた尊顔である。大黒天とともに恵比寿大黒と併称され、福の神の代表格である。

兵庫県西宮市の西宮神社を本社とするが、本来は大国主神(大国主命)と事代主命の二神として祭られていたものが混同され、戎三郎として現在の形になった。

"えびす" とは "えみし" のことであり、移民族及び海や川に流れ着いた漂流物を意味していた。

関西では "えべっさん" として親しまれている。

用語の所属
七福神
関連する神
大黒天
大国主神
事代主神

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club