通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

柱 (助数詞)

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:はしら
品詞:名詞,単位助数詞
2008/08/21 作成
2014/06/15 更新

を数えるときの助数詞。同様の考え方で、霊魂や魂、遺骨などを数えるときにも使う。

日本神話に登場する神を数えるときには、柱を使う。

また、天皇皇族人間ではなく神なので、数えるときには「人」ではなく「柱」を使う。但し現在、宮内庁は柱ではなく「方」(かた)を用いている。

関連する用語
皇族方
神 (神道)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club