通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

標準レンズ

辞書:文化用語の基礎知識 芸術・視覚編 (LAVART)
読み:ひょうじゅんレンズ
品詞:名詞
2006/04/24 作成

カメラレンズの焦点距離による分類の一つ。

35mmフィルムの場合で焦点距離が50mmとなるレンズをいう。

標準が50mmなのは、35mmフィルムの像面サイズに由来する。35mmフィルムの像面サイズはフィルム上で24×36mmとなるが、ピタゴラスの定理により対角線長は約43mmと算出できる。そして、これより若干長い50mmとしたときに人間の肉眼の遠近感に近い像が得られることから、50mmが標準となった。

関連する用語
レンズ
焦点距離

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club