通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

淤能碁呂嶋

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:オノゴロジマ
読み:オノコロジマ
品詞:その他地名
2005/10/21 作成

日本神話の最初の島。自ら固まった島の意。殷馭慮島。

伊邪那岐命(イザナギノミコト)と伊邪那美命(イザナミノミコト)は、天の浮橋に立ち天沼矛(あめのぬぼこ)で海をかき混ぜると、引き上げた矛先から落ちた塩が固まって、最初の陸地である淤能碁呂嶋が作られたとされる。

二柱の神はその島に降りて結婚、大八島国すなわち日本列島の大小八つの島々や六島を産んだ。これを国生みと呼ぶ。

淤能碁呂嶋がどの島かについては諸説あって定説はない。最初に産んだ島が淡路島なのでその近くとも考えられている。

用語の所属
日本神話
関連する神
伊邪那岐命
伊邪那美命
関連する用語
天沼矛
大八島国

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club