通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

生 (十二因縁)

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:しょう
品詞:名詞
2005/04/12 作成

十二因縁の第十一。生まれること。

苦楽の意識は全て魂に刻み込まれ記憶される。このため来世の生においても、同様の意識で生が展開されることになる。これを生という。この輪廻を断ち切るためには、根本原因である、十二因縁の一番最初の無明までを無くさねばならない。

またこの因果は小や孫にまで影響を及ぼすともされる。

用語の所属
仏教
十二因縁
関連する用語

老死
生 (四苦)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club