通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

神和ぎ

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:かんなぎ
品詞:名詞
2016/03/11 作成

神道で、に仕え神を祭る職。神楽を奏し、神降ろしなどの儀式をする。

かんなぎは、神和ぎ、神薙ぎ、神凪など様々に表記され、また巫(ふ)ともいう。

男を「覡」(おかんなぎ)、女を「巫」(めかんなぎ)といい、女は「巫女」(みこ)ともいう。

関連する用語
神道
神社
巫女

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club