通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

福禄寿

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:ふくろくじゅ
品詞:名
2005/10/21 更新

七福神のうちの一柱。支那の神で、支那の道教の理想である幸福と俸禄の意味を持ち、南極老人星の化現として現われた神とされる。大望と長命の神とされる。寿老人と同神とされる。

南極老人星とは、南半球にある、りゅうこつ座カノープスのこと。このため北半球緯度の高い地域で地上ぎりぎりにあり、見えるか見えないかほどの星である。

用語の所属
七福神
関連する神
寿老人
関連する用語
りゅうこつ座
カノープス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club