通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

老人と海

辞書:文化用語の基礎知識 文学編 (LLITE)
読み:ろうじんとうみ
外語:The Old Man and the Sea 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

米国の作家、アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ作の小説。雑誌「ライフ」1952(昭和27)年9月1日発売の特別号で初版が刊行される。この作品でヘミングウェイは1953(昭和28)年にピューリッツァ賞、1954(昭和29)年にノーベル文学賞を受賞する。

一人の老漁夫が海に出て八十五日目にようやく巨大なカジキマグロが針にかかり、三日間戦いつづけた後に勝利を収め、あまりの大きさに舟に入りきらず、舟にくくりつけて帰港する。その途中にサメが待ち受け、老人の懸命な抵抗も空しく、カジキはサメに食い尽くされてしまう。浜にたどり着いたとき、残されていたのは魚の骨と頭だけであった。砂浜に倒れこみながらも小屋にたどり着き、ベッドに体を横たえる。そして物語は老人のライオンの夢で締めくくられる。

徹底した外面描写が特徴。淡々と出来事を書き連ねるため、心理描写はほとんど出てこず、心の動きを独り言やしぐさ・思考から読み取らなければならない。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club