通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

藤原家隆

辞書:文化用語の基礎知識 文学編 (LLITE)
読み:ふじわら・の・いえたか
外語:FUJIWARA no Ietaka 英語
品詞:人名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

平安末期から鎌倉前期にかけての歌人。壬生二品(みぶのにほん)とも呼ばれる。新古今和歌集の撰者の一人。

俊成の門下で、後鳥羽院の信任が厚く和歌所寄人となる。

百人一首に歌が採られており、歌風は率直で素直。採られている歌は「風邪そよぐならの小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける」である。原典は新勅撰・夏・192。

関連する用語
新古今和歌集
新勅撰和歌集

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club