通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

2005/04/12 作成

十二因縁の第六。觸。感覚器官。

六処に至りこの世に生まれてから後、次第に身体の感覚器官が発達してくる。そして発達した状態を触という。赤ん坊は成長し、やがて母親や父親が認識できるようになる。感覚器官の発達に伴いとなる。

用語の所属
仏教
十二因縁
関連する用語
六処

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club