通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

調

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ちょう
外語:key 英語
品詞:名詞
2009/05/17 作成
2009/06/01 更新

西洋音楽における、メロディや和音の構成。

一般的には全音階(七音音階)において、長音階を用いる「長調」と、短音階を用いる「短調」がある。

譜面においては、調号を記すことで表わす。

呼称

調は、♯または♭を一定個数付けて表わされる。また、♯と♭を混用することはない。

調号の数は、物理的には0個から12個までがあり得る(12個は0個と同義)が、5個以上は殆ど使われず、7個までが常識の範囲内である。それを超える場合、長調なら♭、短調なら♯で表わすことができる。

英語ではCDEFGABの音名の後に長調ならMajor、短調ならMinorを付けて呼ぶ(例: D Major)。

日本語では、ハニホヘトイロの音名の後に長調/短調を付けて呼ぶ(例: ニ長調)。

変化

調号の位置にある音は、何も書かなくても♯または♭が付いたものとして扱われる。なお、この効果はオクターブを問わず有効である。

また、譜面上で調号と臨時記号が競合した場合、臨時記号が優先される。

一覧

調号の数調名
長調短調
012ハ長調(C)イ短調(Am)
111ト長調(G)ホ短調(Em)
210ニ長調(D)ロ短調(Bm)
39イ長調(A)嬰ヘ短調(Fm)
48ホ長調(E)嬰ハ短調(Cm)
57ロ長調(B)嬰ト短調(Gm)
変ハ長調(C)変イ短調(Am)
66嬰ヘ長調(F)嬰ニ短調(Dm)
変ト長調(G)変ホ短調(Em)
75嬰ハ長調(C)嬰イ短調(Am)
変ニ長調(D)変ロ短調(Bm)
84変イ長調(A)ヘ短調(Fm)
93変ホ長調(E)ハ短調(Cm)
102変ロ長調(B)ト短調(Gm)
111ヘ長調(F)ニ短調(Dm)
120ハ長調(C)イ短調(Am)
関連する用語
調号
長調
短調

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club