通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

迦旃延

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教神仏編 (LFOLKEBN)
読み:かせんねん
外語:Katyayana 梵語
品詞:人名
2005/04/05 作成

釈迦の十大弟子の一人。梵名カッチャーヤナ。大迦旃延、摩訶迦旃延(梵名マハーカッチャーヤナ)とも。

出自については諸説ありはっきりとしない。迦旃延の兄も優秀で、バラモン教のヴェーダ聖典の講義などをしたが、迦旃延はそれを一度聞いただけで理解できてしまった。これでは兄としてもメンツが立たない。そのため兄の嫉妬を心配した父親によりアジタ仙人に預けられた。ある日、迦旃延は難解な偈文が解読できず釈迦に教えを乞うたところ、釈迦は慈愛をもって答えてくれた。これにより迦旃延は釈迦の弟子となった。

釈迦の十大弟子の中で最も釈迦の話を簡潔に解説するのに長け論議第一と言われる。

釈迦によると、富楼那は将来、閻浮那提金光如来という仏になるとした。

用語の所属
仏教
関連する用語
釈迦の十大弟子
釈迦
関連する仏
閻浮那提金光如来

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club