通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

銀行

辞書:文化用語の基礎知識 経済編 (LECO)
読み:ぎんこう
外語:bank 英語 , banko エスペラント
品詞:名詞
2007/04/04 作成
2009/12/26 更新

預金者より金銭を預り、それを元手として第三者へ有利子貸付、あるいは手形割引、為替取引などで収益を得、利益の一部を預金者に還元する金融機関のこと。

銀行は、預金や振込み、定期預金の作成などで、生活にもっとも身近な金融機関の一つである。

日本では銀行の種類は銀行法などに規定があり、銀行業を営むためには基準を満たして免許を取得せねばならない。

分類

日本では、大雑把に次のような種類に分類することができる。

  • 中央銀行
  • 普通銀行
    • 都銀(都市銀行)
    • 地銀(地方銀行)
    • 第二地銀(第二地方銀行)
    • 外銀(外国銀行)
  • 信託銀行
  • 協同組織金融機関
    • 信金(信用金庫)
    • 信組(信用組合)
    • 労金(労働金庫)
    • 農協
    • 漁協
  • ネット銀行
  • 政策金融機関(政府系金融機関)
    • 日本政策投資銀行
    • 日本政策金融公庫(国際協力銀行)
    • 住宅金融支援機構
    • 商工組合中央金庫(商工中金)

日本の銀行

銀行にとって、預金とは「借金」である(利息を払わねばならない)。

日本の銀行は金を貸さない。金を貸さない銀行に存在価値は無いが、日本の銀行は金持ちや黒字の大企業にしか金を貸していない。理由は「資金需要がない」からであり、資金需要が無い理由は「デフレだから」である。

結果として預金の貸出先が無いため、収入を得るために日本の国債を買わざるを得ず、日本の国債の大半は日本の金融機関が購入しているのである。その原資は日本人の銀行預金ということである。

また外国債も同様にして購入している。よく、日本は米国債を大量に購入している、とまことしやかに述べる者が居るが、米国債を買っているのは日本国政府ではない。日銀を初めとした全国の銀行である。但し、支那の場合は中共政府が買っている。

各銀行はCD/ATMネットワークによって結ばれており、異なる銀行間宛への振込みなどを可能としている。

  • 都市銀行(BANCS)
  • 地方銀行(ACS)
  • 信託銀行(SOCS)
  • 長期信用銀行・商工中金(LONGS)
  • 第二地銀協加盟行(SCS)
  • 信用金庫(しんきんネットキャッシュサービス)
  • 信用組合(SANCS)
  • 労働金庫(ROCS)
  • 系統農協・信漁連(全国農協貯金ネットサービス)

これらを結ぶ中継センターとして、MICSがある。

なお、上記の長期信用銀行は、既に現存しない。

用語の所属
BK
関連する用語
ネット銀行
旧国立銀行

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club