通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

1ビットデジタルアンプ

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:いちビットデジタルアンプ
外語:1 bit digital amplifier 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

シャープが開発したディジタルアンプの一つで、入力されたアナログ信号をディジタルサンプリングし、得られた1ビットのディジタル信号で伝送と増幅を行なうシステムのこと。

アナログ音声の波形と同様、信号の変化量を連続的にサンプリングするため、マルチビット信号方式に比べて情報の間引きや補間がなく、より原音に近い音声が再生できるとされる。

1999(平成11)年6月に発表された最初のタイプは、サンプリング周波数が約2.8MHzだった。2001(平成13)年12月には倍の約5.6MHzになり、2003(平成15)年10月には更に倍の約11.2MHzになり、高性能化された。サンプリング周波数が高まれば時間軸分解能も向上し、より原音に近い忠実な再生が可能となる。

1ビット信号のノイズシェイピング技術には "7次ΔΣ変調アルゴリズム" が採用されている。ΔΣ変調時や量子化時のノイズレベルが低減されている。

関連する用語
ΔΣ変調機
DSD

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club