通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

DSD

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ディーエスディー
外語:DSD: Direct Stream Digital 英語
品詞:名詞
2011/09/07 作成

音声などのアナログ信号をディジタル符号化する方式の一つ。「1bitオーディオ」などとも呼ばれる。

音声信号の大小を、1ビットのディジタルパルスの「濃淡」で表現する方式。

スーパーオーディオCD(SACD)などで採用され、SACD亡き現在は、DSDディスクなどで細々と使われている方式である。

CDコンピューターなどでも使われている古くからある方式にPCMがあるが、DSDは、より原音に近い状態でのディジタル記録を可能としている。

機構

ディジタル録音機器では、音声はまずADコンバーターによって1ビットのディジタル信号に変えられる。これは、音量を、ディジタルパルスの密度(濃淡)で表現した信号である。

PCMの場合、この信号を一定間隔ごとの音量に数値化し、記録する。したがって、この間隔の間の情報は失われる。再生時は、失われた部分を補間するフィルターを通した後、1ビット信号に戻すデルタ・シグマモジュレーターに掛けられる。このため、音質には一定の限界が存在する。

DSDの場合、ADコンバーターによって作られた1ビット信号をそのまま記録し、そのまま再生する。これが最大の違いである。

ファイル

DSDのファイル形式には、次のようなものがある。

  • DSDIFF (Direct Stream Digital Interchange File Format)
  • DSF (DSD Stream File)
  • WSD (Wideband Single-bit Data)

SACD作成で利用するのがDSDIFFで、DSDディスクに使うのがDSFである。WSDは1ビットオーディオコンソーシアムが策定したものだが、殆ど使われていない。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club