通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

taspo

辞書:文化用語の基礎知識 経済編 (LECO)
読み:タスポ
外語:taspo 英語
品詞:商品名
2008/07/15 作成
2015/02/24 更新

自動販売機で煙草を購入する際に用いられる、成人認証用のICカード

なお、taspoのtの字は特殊であり、従ってtaspoと書くことは不正確である可能性がある。

由来

未成年の喫煙が社会問題化しており、その最大の原因は日本中に無数にある煙草自動販売機であると考えられた。

そこで、成人しか煙草が購入できないよう、成人であることを確認してICカードを発行し、これを持たないと自動販売機では煙草を買えなくした。なお、対面販売では人間が都度確認できるため、現時点ではカードは不要である。

カードの申請

カードは無料である。

但し、申込書を書き、旅券申請と同様の証明写真(35mm×45mm)を添付して申し込まねばならない。

また、日本国内に在住であり、かつ申し込み時点で満20歳以上でなければならない。

沿革

項目の有効期限について

この項目は、2015/02/28に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

第1次エリアから第3次エリアについては別項にて記述。

  • 2002(平成14)年4月1日: 千葉県八日市場市(現・匝瑳市)で「第一次導入検証」(1年間)
  • 2004(平成16)年5月10日: 鹿児島県種子島で「第二次導入検証」(1年間)
  • 2008(平成20)年3月1日: パイロットエリア(鹿児島県、宮崎県)で正式導入開始、同日Pidel(ピデル)も開始
  • 2008(平成20)年5月1日: 第1次エリアで正式導入開始
  • 2008(平成20)年6月1日: 第2次エリアで正式導入開始
  • 2008(平成20)年7月1日: 第3次エリアで正式導入開始、全国導入
  • 2008(平成20)年8月1日: 自販機での深夜販売を再開(約12年ぶり)
  • 2014(平成26)年1月15日: 電子マネー機能Pidel(ピデル) 新規加盟店の受付、既存登録情報変更の受付終了
  • 2014(平成26)年3月31日: ピデルのチャージ(入金)終了
  • 2015(平成27)年2月25日: ピデルでの煙草の購入終了

以下は今後の予定

  • 2015(平成27)年2月28日: ピデル加盟店有料オプションサービス(現金販売情報、月次報告書)終了
  • 2015(平成27)年3月上旬: ピデル最終精算
  • 2015(平成27)年6月26日: ピデル精算書再発行サービス終了
  • 2016(平成28)年4月29日: ピデル精算情報照会サービス終了

エリア

東京から遠い地域から、徐々に東京に向かって範囲を広げた。パイロットエリアを除く各エリアでTIOJ推計喫煙者人口が800万人〜900万人程度になるよう調整されていたようである。

  • パイロットエリア
    • 鹿児島県、宮崎県
  • 第1次エリア
    • 北海道
    • 青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県
    • 鳥取県、島根県、広島県、岡山県、山口県
    • 香川県、徳島県、愛媛県、高知県
    • 福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県
  • 第2次エリア
    • 新潟県、長野県、富山県、石川県、福井県
    • 静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
    • 滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、兵庫県、和歌山県
  • 第3次エリア

技術

カード仕様はISO/IEC 14443 Type Aが使用される。

これは、Suicaはじめ日本で普及しているFeliCaや、住民基本台帳カード運転免許証などで採用されているType Bのいずれとも異なるものである。

これにより、日本国内ではType A、Type B、FeliCaの全てが満遍なく(?)流通することとなった。

寸法

taspoの寸法は、85.60mm×53.98mm×0.76mmである。

これはISO/IEC 7810:2003(身分証明書カードの形状を定めた国際規格)のID-1に準拠した大きさであり、銀行のキャッシュカードクレジットカード、自動車の運転免許証、Suicaなどでお馴染みの寸法である。

ICカードである理由

taspoが非接触ICカードであるのは、次の理由であるとされている。

  • 変造、偽造が困難であり、厳密に成人識別ができる
  • 非接触であるため利便性が高い。また機器も故障しにくい。
  • 付加価値が付けられる (電子マネー機能は後述)

DQNガキ逮捕

導入前は、利権だ、天下り先の確保だと騒がれた。それは確かに事実である。

しかし実際に導入されて以降、煙草を購入できなくなったDQN中高生が、窃盗事件(いわゆる万引き)で相次いで逮捕されており、taspoには一定の利益、効能が存在することが明らかとなった。

電子マネー

taspoには、プリペイド型電子マネー機能「Pidel」(ピデル)が搭載されていた。taspo対応自動販売機でチャージ可能で、あらかじめチャージしておけば小銭を持ち歩かなくても煙草が購入可能、というコンセプトであった。

なお、Suicaはじめ他の一般的な電子マネーとはカードの規格そのものが違うので、たとえ煙草購入であっても、コンビニなどでは使えないものだった。

ピデルの導入目的は、taspo会員数の増加とtaspoの利用促進を目的としたとする。

2008(平成20)年3月からサービスが開始され、当初は35万人(taspo会員の4.5%)がピデルを利用していたが年々減少し、2013(平成25)年10月のピデル利用者数は約4.4万人(taspo会員の0.4%)となった。またこの4.4万人のうち、約67%の利用者は週1回以下の利用頻度だったとする。

結果として2014(平成26)年3月31日でチャージ終了、2015(平成27)年2月25日をもってサービスの終了となった。

関連するリンク
http://www.taspo.jp/
関連する用語
煙草
電子マネー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01e (14-Jun-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club