通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クロスエアー

辞書:国土用語の基礎知識 航空会社編 (EAORG)
読み:クロスエアー
品詞:会社名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

スイスの航空会社。2レターコード LX、3レターコードCRX。マイレージサービス(FFP) クオリフライヤー。2001(平成13)年10月1日の親会社スイスエアーの破綻を受けて、その後身会社スイスインターナショナルエアラインズの中核となる。

1975(昭和50)年、バーゼルでモーリッツ・ズーターが「空のタクシー会社」としてビジネスフライヤー社を設立したことに始まる。1978(昭和53)年にクロスエアーと社名を変更。1979(昭和54)年、国際線の営業を開始。1982(昭和57)年、スイスエアーと提携。1988(昭和63)年には38.4%、1991(平成3)年には51%、1997(平成9)年にはスイスエアーからの資本参加を受け入れ、子会社化された。

2000年末には2500万フランの欠損を発表し、1992年以来はじめて無配となるが、それでもスイスエアーグループの中では極めて健全な経営を維持しており、コストも低かったため、2001(平成13)年10月1日に親会社のスイスエアー、同グループ内のザベナ航空が破綻すると、スイスエアーの後身会社スイスインターナショナルエアラインズの中核となることとなった。

しかし、その直後の2001(平成13)年11月25日、ベルリン発チューリヒ行きの小型旅客機アブロRJ(乗客乗員33人)が24日深夜(日本時間25日早朝)にチューリヒ近郊で墜落。先行きの不安さを煽っている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club