通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ラドン温泉

辞書:国土用語の基礎知識 地理用語編 (EGY)
読み:ラドンおんせん
品詞:名詞
2016/04/08 作成

放射能泉の一種で、医療用に作られた人工温泉。(株)湯ーとぴあの登録商標。

元々、放射能泉、ラジウム温泉、ラドン温泉はほとんど同義であった。

しかし、株式会社湯ーとぴあが「ラドン温泉」を商標登録(登録番号 第2614129号)したため、現在では、放射能泉/ラジウム温泉と、ラドン温泉とは異なるものを指す。

天然の放射能泉は、天然ゆえに成分は日により時により変化し効果も日により変化する。株式会社湯―とぴあのラドン温泉は、人工的に発生させたラドンを一定量含む水を供給するとしている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club