通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

中原街道 (旧街道)

辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・関東編 (EWLT)
読み:なかはらかいどう
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

江戸虎ノ門から洗足、小杉、佐江戸、瀬谷、用田を経て、相模国(現在の神奈川県)平塚郊外の中原で東海道に繋がる脇街道。相州街道、小杉道とも呼ばれていた。

東海道が整備されるまでは徳川家康も度々利用していて、小杉と中原に御殿が設けられていた。東海道が整備されてからは脇街道となる。

脇往還だったため宿場はなく、荷物の運搬をするための継立場が小杉、佐江戸、瀬谷、用田に置かれた。

現在は都県道として整備されていて、車の往来も可能な道幅になっているが、江戸時代の中原街道は道幅が3間(約5.5m)程度だったとされる。

江戸時代の道筋は現在も五反田六丁目〜荏原二丁目付近と、旗の台二丁目付近に残っている。

関連する用語
中原街道 (現道)
東海道

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club