通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

危険 落ちたら死ぬ!!

辞書:国土用語の基礎知識 道路編 (EROAD)
読み:きけん・おちたらしぬ
外語:*Danger* You die when you fall down!! 英語
品詞:慣用句
2005/05/28 作成
2006/09/20 更新

国道157号(と重複する国道418号)のうち、福井県と岐阜県の県境である温見峠(ぬくみとうげ)越え区間の岐阜県側入口に建てられていることで酷道マニアに有名な看板の文句。

この道路は、国道などというのは名前ばかりで実は酷道である。

ガードレールが付けられている場所もあるが、ガードワイヤー区間も少なくない。

そしてこの区間は断崖絶壁であり、崖から落ちたら確実に死ぬ場所であることから、その注意喚起のために、この立て看板が作られたと考えられている。

現在は当該区間は災害のため通行止となっていて、オリジナルの場所では拝めなくなったが、現在は何者かにより通行止箇所へ移設されたため、立て看板自体は観ることが可能である。

道路の所属
国道157号
国道418号
関連する用語
国道
酷道

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club