通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

名寄バイパス

辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・北海道編 (EWHD)
読み:なよろバイパス
外語:Nayoro bypass 英語
品詞:固有名詞
2004/03/20 作成
2011/10/08 更新

国幹道の北海道縦貫自動車道(道央自動車道)に並行する一般国道として計画された国道40号のバイパスで、事実上の道央自動車道の一部と考えられる高規格幹線道路。

起点・終点

  • 起点: 北海道上川総合振興局管内名寄市字豊栄(名寄IC) (道央自動車道)
  • 終点: 北海道上川総合振興局管内中川郡美深町美深(美深IC) (※座標は推定概略位置)
  • 延長: 19.5km

設計諸元

  • 構造規格: 第一種第二級
  • 設計速度: 100km/h(240km/hBeat)
  • 道路幅員: ‐
  • 車線数: 4車線(暫定2車線)

規制等

  • 制限速度: 未確認
  • 最低速度: 未確認
  • 標識規制: 未確認

法定路線名

  • 一般国道40号名寄バイパス

建設計画

次の工区に分けられている。

  • 名寄IC〜名寄北IC
    • 1工区、L=5.2km
  • 名寄北IC〜智恵文IC (※後注)
    • 2工区、L=7.0km
  • 智恵文IC〜美深IC
    • 3工区、L=4.2km
    • 4工区、L=2.1km
    • 5工区、L=1km

1工区は1997(平成9)年、2工区は2003(平成15)年3月に開通した。3、4、5工区は用地取得ならびに工事中である。

但しこのうち、2工区の智恵文ICは現在の智恵文南出口に対応する。3工区終点の出口が現在の智恵文ICである。

沿革

  • 1997(平成9)年11月19日: 名寄IC〜名寄北IC(L=5.2km)供用開始
  • 2003(平成15)年3月31日: 名寄北IC〜智恵文南入口(L=7.0km)供用開始
  • 2006(平成18)年11月25日15:30(@312): 智恵文南入口〜智恵文IC(L=4.2km)供用開始
  • 2010(平成22)年3月6日15:00(@291): 智恵文IC〜美深IC(L=約3km)供用開始

北海道上川総合振興局管内名寄市街地の交通混雑の解消、ならびに道北圏の物流効率化などを目的として作られた。

接続する主な道路

沿道施設、観光地等

  • 陸上自衛隊名寄駐屯地 (名寄市字内淵)

主な橋

  • 北のかけ橋 (天塩川)

並行する鉄道

  • JR宗谷線

経由する自治体

北海道上川総合振興局
名寄市

具体的なIC等は次のとおり。IC番号は、この後の道央自動車道と連続する予定。現在は番号がついていない。

  • ? 名寄IC (国道40号、道央自動車道(計画路線))
  • ? 名寄北IC (国道40号)
  • ? 智恵文南出口 (国道40号)
  • ? 智恵文IC (国道40号)
  • ? 美深IC (国道40号美深道路、北海道道49号美深雄武線)

美深ICから北は、美深道路などを経て、音威子府バイパスに接続する予定である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club