通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

辞書:国土用語の基礎知識 地理用語編 (EGY)
読み:しま
品詞:名詞
2008/10/05 作成

周囲が海や湖などに囲まれている陸地のこと。

基本的には水に囲まれた陸地は全て「島」である。

但し地理学では島と大陸を区分しており、オーストラリア大陸以上の面積を持つものを「大陸」、それに満たないものを「島」としている。

この条件では、世界最大の島はグリーンランドとなり、また日本でも北海道、本州、四国、九州はそれぞれ島になる。従って日本などは「島国」と呼ばれるが、日本国内で地理を扱う場面においては、これらは「陸」として見て、島とはしないことが多い。

条件

全方位を水に囲まれたものを島といい、三方位のみが水に接するものは半島という。

どの程度の大きさがあれば「島」であるかは、定義がない。海上保安庁「海上保安の現況」(昭和62年9月)によると、外周0.1km以上を「島しょ」(島嶼)だとしているが、この条件だと日本最南端の島、沖ノ鳥島は島ではない可能性が高い。

定住者がいる島を「有人島」、定住者がいない島を「無人島」という。但し、無人島と呼ぶための条件は未定義である。無人島はしばしば文学作品等の舞台となり、代表はダニエル・デフォーの著作「「ロビンソン・クルーソー」シリーズである。

大きな無人島

現在、世界最大の無人島は、カナダの北極圏にある「デボン島」である。その面積は55,247km²で、北海道の約6割、九州の約1.4倍の面積がある。

この島は高緯度にあり、標高が高く、寒冷で、その上降水量も少ないため動物自体が少ない。

日本最大の無人島は、ロシアに不法占拠されている北方領土を除くと、「渡島大島」(9.73km²)が最大とされる。政治的事情により「日本最大級の無人島」などと書かれることもある。なお、上陸には許可が必要で、容易には近づけない。

関連する用語
無人島

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club