通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

新富士インターチェンジ

辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・新東名編 (EWHMT2)
読み:しんふじ・インターチェンジ
外語:Shin Fuji IC 英語
品詞:その他地名
2007/06/22 作成
2012/04/14 更新

静岡県富士市に建設された、新東名高速道路インターチェンジ。建設中の仮称は「富士IC」だった。

現在の計画路線中では、起点の海老名南から6番目のインターチェンジである。

所在地

  • 概略位置: 静岡県富士市厚原
  • 海老名南JCTからの距離: ‐

接続路線名

  • 国道139号西富士道路
  • 静岡県道88号一色久沢線

出口案内標識

  • R139 新富士 富士宮

西富士道路の案内を併設

沿革

  • 2011(平成23)年8月26日: 名称が新富士ICに決定した旨、発表
  • 2012(平成24)年4月14日15:00(@291): 供用開始

料金所は無人化されており、ETC利用車だけでなく、現金利用車も機械で料金を徴収する。

  • 電算処理用の料金所番号: (未確認)
  • 入口
    • レーン数: 3 (無人)
  • 出口
    • レーン数: 4 (無人)

周辺地理

東名の富士ICの北に位置する。

  • 静岡県富士重工技術センター

(西)(9)新清水JCT清水PA ‐ (8)新清水IC ‐ (7)新富士IC駿河湾沼津SA ‐ (6)長泉沼津IC ‐ (7-1)御殿場JCT(東)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club