通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

日本航空システム

辞書:国土用語の基礎知識 航空会社編 (EAORG)
読み:ニホンコウクウシステム
外語:Japan Airlines System Corporation 英語
品詞:会社名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

日本の航空会社。本社 東京都港区。2002(平成14)年10月2日設立。

日本の三大航空会社のうち、海外がメインの日本航空と国内ローカル路線がメインの日本エアシステムとが合併してできた会社。

航空自由化の中で激しい価格競争を繰り広げていた航空各社にとって911事件はその追い打ちをかけることとなり、ヨーロッパではスイス航空とベルギーのザベナ航空が経営破綻に追い込まれ、アメリカでもユナイテッド航空が破産法申請にまで至っている。日本も他人事ではなく、日本航空はドル箱だった太平洋路線で壊滅的な打撃を受け、赤字に転落すると予想された。一方の日本エアシステムは国際線が少ないので911事件の直接の影響は少なかったが、ローカル路線を多く持っているため、慢性的な負債を抱えていた。こうした危機感から両社は統合を決断。2001(平成13)年11月12日対外的に発表した。

両社の統合によって国内線のシェアは全日空に並ぶ約46%、国際線ではただでさえトップの日本航空にアジアの短距離国際線を開設してきた日本エアシステム路線が加わるため約76%とという圧倒的なシェアを占めることになる。新会社は連結ベースで売上高で約2兆円、従業員数約5万人、輸送規模では世界第6位というビックキャリアーとなる。

これは日本の航空業界の寡占化が進むことを意味しており、公正取引委員会も航空市場の競争を制限する恐れがあるとした。これを受けて両社では羽田空港の発着枠の8往復分返上、普通運賃の10%値下げ、特定便・事前購入割引対象の拡充、少なくとも3年は値上げしないとの修正計画を提出し、公正取引委員会も2002(平成14)年4月26日、これを承認した。

日本航空では1959(昭和34)年以降「日本のイメージを想起させる」として鶴のマークを採用して以来、日本の空の象徴として親しまれてきていた。それが、統合により新たな "JAL" の文字に太陽のアーク(弧)をあしらったデザインとなり、賛否両論となっている。

関連するリンク
http://www.jal.jp/
関連する用語
日本航空
日本エアシステム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club