通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

電気溶接

辞書:国土用語の基礎知識 海事編 (EMMARIN)
読み:でんきようせつ
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

電気の作用によって生じる熱を応用した溶接法。

従来からの鋲継ぎ手による接合法に比べ、鋼材を3割ほど節約でき、船体を軽量化できるため、ネイバル・ホリデー期間中に丁度その頃実用化されだしていた電気溶接が多様化されるようになったが、日本においてはまだまだ技術的に未熟であり、十分な強度が得られず、電気溶接を多用化した軍艦が友鶴事件第四艦隊事件を引き起こしたため、再び鋲継ぎ手に戻っている。

関連する用語
友鶴事件
第四艦隊事件
鋲継ぎ手

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club